HOME > 用語集 > > 遺留分

用語集

< 家事調停  |  一覧へ戻る  |  慰謝料 >

遺留分

被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいう。被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産の一定割合を取得しうるという権利が認められる。また、子の代襲相続人にも遺留分権は認められる。
遺留分の割合は相続人(遺留分権利者)の構成により以下のように異なる。
1 直系尊属のみが相続人の場合は被相続人の財産の1/3。
2 それ以外の場合は全体で被相続人の財産の1/2。
遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している受遺者や受贈者、あるいは他の相続人に対してその侵害額を請求することができる( 遺留分減殺請求 )。
遺留分が侵害されている者は、自分自身が減殺請求してはじめて遺留分を取り戻すことができるのであって、請求しなければ、遺贈などを受けた者がそのまま財産を取得することになります。また、この権利は、遺留分権利者が相続の開始と減殺できる贈与のあることをしったときから一年、または相続開始のときから10年経つと時効によって消滅します。


< 家事調停  |  一覧へ戻る  |  慰謝料 >

カテゴリ:

このページのトップへ