HOME > 用語集 > > 法定利息・法定利率

用語集

< 民事法律扶助制度  |  一覧へ戻る  |  法定相続分 >

法定利息・法定利率

利息は当事者の契約によって生ずるのが普通であるが(約定利息)、当事者が契約しなくても、例えば連帯債務者の一人が支払って他の連帯債務者の負担部分も免責させた場合のように、衡平の観点から法律が特に規定して利息を認める場合がある。このように法律上認められた利息を法定利息という。法定利息の利率は、民法上の債務については、年5%、商法上の債務については年6%と決められている(法定利率)。

< 民事法律扶助制度  |  一覧へ戻る  |  法定相続分 >

カテゴリ:

このページのトップへ