HOME > 用語集 > > 離婚

用語集

< 民事再生  |  一覧へ戻る  |  特有財産 >

離婚

離婚には、大きく分けて、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3つがあります。

協議離婚は、当事者間の合意によりする離婚です。

調停離婚は、合意に基づく点は協議離婚と同じであるが、家庭裁判所での調停を経て合意を成立させる離婚です。

裁判離婚は、当事者の合意は要らないが、法定離婚原因(不貞行為、婚姻関係破綻等)の存在が要件となります。離婚訴訟を提起する前に離婚調停を申し立てるのがルール(調停前置主義)です。

なお、審判離婚という制度もあります(裁判所に判断してもらう点は裁判離婚と同じである)、簡単に異議を申し立てることができ強制力に乏しいため、あまり利用されていません。


< 民事再生  |  一覧へ戻る  |  特有財産 >

カテゴリ:

このページのトップへ