HOME > 用語集 > > 法定離婚原因

用語集

< 不在者財産管理人  |  一覧へ戻る  |  共有物分割請求 >

法定離婚原因

裁判離婚の要件であり、法定離婚事由ともいいます。
民法770条に定められています。

①不貞行為、②悪意の遺棄、③生死が3年以上不明、④強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき、⑤その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき、の5つです。

不貞行為などの明確な法定離婚原因がない場合も多く、その場合には、⑤その他婚姻を継続し難い重大な理由があるとき、を巡って争われます。
同条項は破綻主義を採用したと言われており、婚姻関係破綻があるかどうかが判断されます。総合的に判断されますが、一定の別居期間が要求されることが通例です。


< 不在者財産管理人  |  一覧へ戻る  |  共有物分割請求 >

カテゴリ:

このページのトップへ