HOME > 用語集 > > 自己破産

用語集

< 時効  |  一覧へ戻る  |  事業譲渡 >

自己破産

支払不能を要件とする破産手続開始決定の申立てを債務者自ら申し立てるケース。破産のほとんどは自己破産であるが、債権者申立ての破産もある。

個人破産では、破産手続開始決定の申立てと同時に、免責許可決定の申立ても行う(裁判所所定の申立書式自体が同時申立ての形)。
法人破産の場合は必ず管財事件として、個人破産の場合は同時廃止事件と管財事件に振り分けられて手続が進む。

法人の場合には、破産手続終結により法人格が消滅する。
個人の場合には、免責許可決定により非免責債権以外のすべての債務の支払義務を免れることとなる。

 


< 時効  |  一覧へ戻る  |  事業譲渡 >

カテゴリ:

このページのトップへ