HOME > 用語集 > > 代襲相続

用語集

< 着手金  |  一覧へ戻る  |  損害賠償 >

代襲相続

相続開始(被相続人の死亡)前に、相続人が死亡していたり、欠格または排除によって相続権を失っているときには、その相続人の子(被相続人の孫またはおい・めい)が変わって相続人になること。代襲相続人となれる子は、被相続人の直系卑属(血すじ)でなければならないため、養子縁組前に生まれていた養子の子(養子の養子も含む)は、養子の代わりに相続することはできない。また、直系尊属および配偶者にも代襲相続は認められない。

< 着手金  |  一覧へ戻る  |  損害賠償 >

カテゴリ:

このページのトップへ