HOME > よくある質問 > 不動産問題の最近のブログ記事

よくある質問 不動産問題の最近のブログ記事

相続登記に協力してもらえないときにはどうしたらいいか

遺産分割により当該不動産を単独で取得した相続人は単独申請により相続登記をすることができますが、他の相続人の印鑑証明書を添付する必要があります。
遺産分割協議書作成の段階で登記用の書類も用意すればいいのですが、何らかの理由で他の相続人が印鑑証明書の提出等に協力しないこともあります。昔の遺産分割協議書が残っているが印鑑証明書は残っていないというケースもありました。
相続登記をする解決方法には次の3つがあります。
①遺産分割協議書の真否確認の訴えを提起する。
②遺産分割の結果を前提とし、所有権確認訴訟を提起する。
法定相続分割合による共同相続登記をまず行い(単独申請できます)、遺産分割を原因として他の相続ににに対する共有持分の全部移転登記手続請求訴訟を提起する。
どの方法がいいかはケースバイケースの判断になりますが、いずれかの確定勝訴判決により相続登記申請が可能となります。

このページのトップへ