HOME > 用語集 > > 相続廃除

用語集

< 相続放棄  |  一覧へ戻る  |  相続人 >

相続廃除

相続人の意思により、遺留分を有する推定相続人相続権を奪うこと。
本来なら当然相続人となれる者のうち、特に遺留分を持つ相続人(配偶者、直系卑属、直系尊属)が、被相続人を虐待や侮辱したとき、または犯罪などの著しい非行があったときには、被相続人は家庭裁判所に、相続人の資格を奪ってもらうための請求をすることが出来る(生前の排除および遺言の排除が認められている)。
排除された場合、その子が代わって相続人となる(代襲相続)。なお、排除は、被相続人の意思(遺言でもいい)でいつでも取り消すことができる。


< 相続放棄  |  一覧へ戻る  |  相続人 >

カテゴリ:

このページのトップへ