HOME > 業務内容

業務内容

個人のご相談 ※事業主・法人のご相談はこちらへ


借金問題(債務整理)

自己破産、個人民事再生、任意整理などの債務整理のご相談です。
債務整理の目的は生活再建です。方針の決定には様々な検討を要します。
自己破産、個人民事再生等の法的手続につきましては、事前の準備が肝要です。準備次第でスムーズに手続が完了するかが決まります。
当事務所は、自己破産、個人民事再生に特に専門性及び豊富な経験を有しておりますので、安心してご相談ください。
詳しくは各項目あるいは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


過払い金

詳しい説明は「詳細を見る」へお願いします。

詳細を見る


離婚関係

離婚に関するご相談、それに伴う財産分与婚姻費用養育費慰謝料子の面会交渉などのご相談、その他不貞行為等男女間のトラブル、氏の変更などのご相談に対してアドバイスをさせていただきます。
離婚問題は、勿論、交渉、調停もしくは訴訟の対応が重要です。しかしながら、同じように準備も大切です。ぜひ準備段階から専門家に相談されることをお薦めします。
また、他の家事事件につきましても専門家に相談した方がいいケースは珍しくはありません。
仮にご自身で進める場合でもその前にご相談されることをお薦めします。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


相続関係

相続に関するご相談を承ります。
遺産分割(遺産分割協議、遺産分割調停・審判)、遺留分減殺請求、相続放棄相続人が行方不明の場合、失踪宣告、時効取得、生前の不正な財産処分、共有物分割請求、遺言無効確認請求、お墓の管理・処分など相続に関連する問題一般についてご相談に対応させていただきます。
相続関係のお話は専門知識がなければわからない点が多いため、相談だけでもお早めになされることをお薦めします。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


高齢者問題

高齢化社会の進展によりたびたび相談を受けるようになった問題です。
任意後見契約、成年後見制度、補佐制度、補助制度、生前の財産管理、遺言作成などのご相談です。
生前のサポートの観点からは勿論、相続での紛争を防ぐ観点からも、利用をするべき制度です。
ぜひ当事務所にご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


交通事故

交通事故に遭われた場合の解決方法ついては、大きく分けて保険会社の示談代行による解決と弁護士介入による解決があります。また、自賠責の被害者請求によって当面の生活費、治療費をもらう制度もあります。
交通事故の相談はお早めになさることをお薦めします。後の示談交渉、訴訟に備えて準備することや気を付けることなどを知っておいて欲しいからです。揉めてからでは対処できないということもあります。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


消費者問題・金融トラブル

個人の方の契約にまつわるトラブルです。本来は契約自由の原則が妥当する社会ですが、情報格差・交渉力格差の問題から消費者トラブルは後を絶たず、法律や判例で消費者が保護されるケースも多いところです。
また、株取引、先物取引、各種保険取引等、複雑な金融取引における相談につきましては、豊富な金融知識を基に適切なアドバイスをさせていただきます。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


労働問題

未払残業代、不当解雇、会社からの損害賠償請求など職場におけるトラブルについてのご相談です。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


不動産に関するご相談

不動産売買契約や不動産賃貸契約に関する様々なご相談を承ります。
また、境界に関するトラブル、時効取得、共有不動産の管理処分などもご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


その他のご相談

その他、もし何らかのトラブルがございましたら、弁護士にご相談ください。
法律的に解決する途もあるかもしれません。
また、トラブルが発生する前にも、それを防ぐ方法をご相談くだされば、将来の不安がなくなります。
 

詳細を見る


事業主・法人のご相談 ※個人のご相談はこちらへ


倒産・破産・リスケ

弁護士 仲田誠一は、8年間の金融業務の職歴があり、中小企業の経営についても様々なケースを経験しております。また、経営革新等機関の認定を受けるなど、中小企業サポートの活動を継続しております。
会社、事業主のリスケ・自己破産・民事再生等にはその方針決定も含めて様々なことを考慮・準備する必要があります。豊富な経験、専門性をもってご相談に対応させていただきます。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


企業法務サポート

経営活動には様々なリスクが付きものです。中小企業の場合にはそれが1つでも顕在化すると事業継続に影響を及ぼしかねません。例えば,契約書1通であっても,誤れば経営を揺るがす損失を被る例を見ます。中小企業にとって、リスク管理は必須の課題です。勿論経営者や従業員が管理業務を行うことは非効率・非現実的です。専門家にアウトソーシングをするべきことです。
また,中小企業にとっては事前のトラブル回避・防止策が必要です。トラブルが法的問題に発展したところでご相談を受け,契約書類などの不備が見つかる例も珍しくありません。簡単な仕組みさえ整えておけば、ある程度リスクを排除できます。
弁護士仲田誠一は、企業法務担当経験を有し、かつリスク管理に関する専門試験合格等の専門知識を有しております。金融経験、企業サポート経験から企業、経営のことにも精通しております。
当事務所にぜひご相談を。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


契約トラブル

企業がその経営を続ける上で、取引先をはじめ、様々な契約を結んでいきます。 事業活動は契約の積み重ねと言えます。会社、個人事業主の裁判は、契約に関するトラブルがほとんどです。
法律の世界では、契約の成否及び契約の内容が、様々な事実から評価されることになります。事後的な解決が大事なのは勿論ですが、契約書や業務の流れを整理し、契約トラブルを防ぐ、あるいはトラブルが発生しても傷口を浅くするということが大事です。
当事務所では、「事業のことを理解してくれない」などのストレスを感じることなくご相談いただけると思います。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


債権回収

売掛金の回収などの債権回収は企業にとって非常に重要なことではありますが、その方法にはいろいろなものがあり、どの手続を選択するか迷うことがあります。また、回収可能性を高めるためには、事前の対策及び初動対応が必要です。危険を感じたらできるだけ早期に、トラブルが発生したのであれば直ちにご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


雇用問題

企業がその活動を行う上で、従業員との関係は非常に重要です。特に中小企業にとっては従業員が生命線です。 
従業員が抱える問題について、適切に解決できないと、後々にトラブルとなり、多額の金銭を請求され、従業員の士気が低下し、企業の信用が傷つけられてしまったりして、企業に対して多大な損失を与えることになりかねません。
勿論、従業員の士気を上げるための人事施策、労務管理も重要なことです。
事後的なトラブル解決から、社会保険労務士などとの連携も含めた事前のリスク対策、人事制度の構築まで幅広くご相談に対応いたします。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


内部統制

会社法、各業法、金融商品取引法、各種業法等の法律により、企業や各種法人は、程度の差こそあれ、その業務の適正を確保するための体制を構築するシステム(内部統制)を構築する必要があります。それが取締役会、理事会あるいは各取締役、理事等の義務にもなっております。
勿論、内部統制システムの構築は、監督官庁対策や責任対策だけではなく、リスク管理に直結します。中小企業には、金銭・労務のコスト面で身の丈にあった仕組みを考える必要があります。
内部統制に関する専門性及び経験を有する当事務所にぜひご相談ください。
詳しくは、「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


不動産・建築

不動産売買、工場等の建物建築は契約金額が大きく、不具合等があるなどのトラブルも多い取引です。リスクが高い取引なのです。
加えて、揉めてしまうと訴訟での解決に多大なコストがかかることが多いです。
したがって、契約書のチェックは勿論、様々な検討により慎重に進める必要があります。
トラブルが発生する前から、何かしらのトラブルが発生したらすぐに、ご相談されておくことが必要です。
不動産賃貸に関しても、契約段階から弁護士のチェックを経て、トラブルの兆候が見えたらすぐに対処をする必要があります。解決に多大なコストがかかる例も珍しくはありません。
ぜひ不動産に関する問題や建築紛争に経験を有する当事務所にご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


賃貸物件管理

不動産賃貸は、人に物を貸す以上、賃料の滞納、賃借人の行方不明あるいは建替え時の立退問題など、トラブルの発生がつきものです。また、法律的な縛りも多い分野です。
解決にはコストがかかる、あるいは時間がかかることも珍しくはありませんので、できるだけ早い対応が必要です。勿論、賃貸物件管理トラブルでは初動対応が非常に重要です。
明渡訴訟をはじめ豊富な経験を有する当事務所に、お早めにご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


知的財産権

知的財産権の重要性は言うまでもありません。
知的財産権といっても、特許権、商標権、意匠権、著作権など様々な種類があります。不正競争防止法もその範疇に入ります。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。

詳細を見る


事業の再生

経営は非常に苦しいけれども、家族や従業員のために事業を何とか継続したいとお考えになるのは当然です。安易に倒産させることは社会的にも損失です。
事業の再生には、事業停滞の原因究明が必要なのは勿論、現実性ある事業計画の策定、それに対応した組織設計、金融機関の協力の取付けなど様々なことを検討・実行していかなければなりません。まずは、再生ができるのかどうかの見極めが必要なのですね。
再生の見込みが立たなければ、自己破産等の法的倒産手続やM&Aによる事業継続を検討することになります。
資産の切り売りによる借入金削減や単純な事業縮小によるコストカットにより再生を試みて失敗して自己破産に至る例をよく見ます。それらは気を付けないと再生の途を閉ざすことになり得ます。
弁護士仲田誠一は経営革新等機関であり、法律面だけではないサポートができますし、他士業との連携も含め、サポートの経験を有しています。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


事業承継・M&A

近年、中小企業では、経営者の高齢化が進んでいます。他方で、後継者の不在や、円滑な事業の承継がなされないことによる様々な問題が発生しています。そこで、事業承継の必要性が叫ばれ、また事業譲渡、株式譲渡、合併等のM&Aが盛んになっております。
事業承継は、相続税対策とイコールではありません。遺言、相続税対策は勿論必要なことですが、それだけでは片手間な対策になってしまいます。後継者を育て、後継者が引き継ぎやすい組織・体制を作ることがより必要です。経営方針に貫かれた事業計画の作成も望ましいところです。
M&Aにつきましては、各種法的手続のサポートが必要ですし、リスクを伴う取引ですので、リスク管理の面から、手続の円滑な遂行の面から、早期から弁護士を入れることをお薦めします。
当事務所は、事業承継、M&Aとも各士業と連携して対応できる体制を整えております。銀行等とタイアップして実績も積み上げてきております。
ぜひ当事務所にご相談ください。
詳しくは「詳細を見る」をご覧ください。
 

詳細を見る


刑事事件

詳細を見る


このページのトップへ