HOME > 離婚関係

離婚関係

離婚関係のご相談

悪くなった夫婦関係を元に戻したい、または、離婚したい、慰謝料、養育費、子の面会交渉など 男女間のトラブルのご相談に対してアドバイスをさせていただきます。
通常は、任意の交渉、家事調停を経て、最終的には訴訟による解決を図ることとなります。

離婚問題とは

 こう言っては元も子もないですが、婚姻は他人同士が結んだ契約です。夫婦の関係が時の経過とともに壊れていくのは珍しくありません。夫婦の一方あるいは双方が悪いことはもちろんありますが、双方とも悪くないケースもあるでしょう。原因は別として、夫婦関係が壊れてしまった場合に出てくるのが離婚問題です。

 別居をするのかしないのか、別居した場合の生活費(婚姻費用の分担)、離婚をするのかしないのか離婚する場合の財産分与、年金分割、慰謝料、養育費、子の面接交渉、自宅の整理等、様々な問題が出てくるでしょう。離縁や共有物の分割の問題も伴う場合もあります。DVのため保護命令の必要もあるケースも残念ながら珍しくはありません。
 家族の関係ですので、当事者での話し合いで済ませることができるに越したことはないでしょう。しかし、当事者の話合いでは必ずしも公平な解決が図れるとは限りません。また、話し合いができない、できそうもない場合には、第三者を交えた冷静な解決を目指す必要があります。

 当事者で公平な、納得できる解決ができそうもない場合には、できるだけ早く、調停等の手続を進めた方が得策です。そうでなければ徒に時を過ごしてしまいます。

 一生に1度かそこらしかない重要な問題ですので、いずれの場合も少なくとも弁護士のアドバイスは聞いて進めて下さい。できれば弁護士に依頼された方が安心できると思います。

 なお、婚姻関係が破綻した原因が不貞行為である場合には、その相手方に対する損害賠償請求の問題が出てきます。これも広く言えば離婚問題に入るでしょう。

離婚問題解決の手続き

 離婚を考えるのであればできるだけ早く専門家に相談し、どのような準備や心構えが必要かを確認してください。
 そして、いよいよアクションを起こすことになれば、原則として家庭裁判所での調停を行います。裁判や審判で裁判所に物事を決めてもらうためには調停をすることが必要ですし(調停前置)、弁護士と他方配偶者との任意の交渉よりもスムーズに物事が進むことが多いからです。もちろん、調停の前に任意の交渉を挟むこともできます。
 
 そして、調停で話合いが整わなければ、最終的には、裁判手続、審判手続に移行します。
 そのどちらの手続になるかは、問題となっている事柄に依ります。離婚自体であれば裁判、婚姻費用なら審判といったようにルールが決まっています。

 なお、不貞行為の相手方に対する慰謝料請求(損害賠償請求)は、任意の交渉から初めて、示談できなければ裁判をするという流れがスタンダードです。裁判は離婚裁判と一緒でも、単独でもすることができます。


弁護士に依頼するメリット

  • 当人同士による話し合いは感情的に難しい場合も多く、また弁護士をつけない調停においては、請求すべき権利を主張せずに調停合意をして不利な結果に終わってしまったという例が散見されます。
  • さらに、離婚を決意されている場合には、その後の手続を有利に進めるための事前の準備も必要となります。
  • 単純に財産分与、婚姻費用、養育費等といっても、その算定、計算方法には、それ自体争いがあったり、解決途上の問題があったり、ケースバイケースの解決がなされる等、専門家の判断が必要な法的に難しい問題が多々あります。
  • 冷静に話し合うために、また、正当な権利を実現するために、さらに事前の準備をして有利に手続を進めるために、ぜひお早めにご相談下さい。

離婚問題のご相談内容の例

  • 円満調停

  • 離婚調停・離婚訴訟

  • 婚姻費用分担調停・審判

  • 養育費請求

  • 子の面接交渉に関する調停・審判

  • 財産分与

  • 年金分割

  • 離縁

  • 共有物分割請求

  • 慰謝料請求(損害賠償請求)


  • 費用

    以下の基準はあくまでも目安です。ご事情により、減額や分割支払のご相談をさせていただきます。
    着手金・中間金及び報酬金については、別途消費税8%がかかります。
    ご収入によっては法テラスの民事法律扶助の利用が可能です。その場合は費用負担は軽減されますので、ご相談ください。

    着手金

    ※別途、裁判所への調停申立て費用、訴訟提起費用がかかります。

    中間金

    報酬金


    このページのトップへ